【ポケモン剣盾S12シングル】最高248位最終523位レート1991 カイリューミミバーン軸対面構築【脳筋オススメ】

【はじめに】

こんにちは、リノムと申します。

f:id:ryo_game_and:20201201132915j:image

 

去年の今頃、人生で初めてポケモンという文化に触れ、楽しくなってずっぽりとのめり込んだ人です。

気がつけばプレイ時間カンストしてました。

 

今回、初めて個人的にブログを描きたいと思えるような構築を組め、ある程度の結果を残せたので記録に残したいと思いました。

 

最高248位

f:id:ryo_game_and:20201201130701j:image

 

最終523位

f:id:ryo_game_and:20201201130738j:imagef:id:ryo_game_and:20201201130800j:image

 

勝てて楽しかったので見せびらかしたいのと、どなたかのYouTubeにこのレンタルパーティを使った動画が載らないかなといった期待もあります。(その場合気軽にTwitterに連絡ください)

 

記事の最後にレンタルパーティ載せておきますので良かったら最後まで見てください。

 

<注意:この記事には非公式専門用語が含まれております>

 

【コンセプト】

ラグラージで起点を作ると見せかけて、ラグラージに強いポケモンに意表を突く初手ダイマックス特殊カイリューでダメージレースを制し勝利を狙う。

 

○基本選出

カイリュー/ミミッキュ/エースバーン

他3匹は状況に応じて出してください。

 

こちらの初手ラグラージ読みの選出が多いです。

 

○選出の参考

・ランドレヒレカグヤのサイクル構築

当たったら大体勝ってました。

基本選出で特殊カイリュー脳筋ダイジェットから、交代先含め一番通りそうな技を読んで壊滅出来ます。

 

・ポリゴン入りサイクル構築

基本選出に加えてポリゴンかナットレイを状況に応じて出し、どうにかサイクル戦で勝ってください。

ポリゴン出ない読み初手ダイマックスカイリューは、読み負けるとトレースポリゴンでダイマターンを枯らされるので、出るか出ないか選出読み勝ってください。

大体、サンダーやウーラオス入りはポリゴンも出てきます。

一番負けた構築です。

 

・ゴリランダー入り対面構築

当たったらほぼ確実に勝ってました。

基本選出で初手ゴリランダー対カイリューの出し勝ちから、脳筋ダイジェット(以下略)

 

ミミッキュ入り対面構築

基本選出で相手のミミッキュをこちらのミミッキュで倒すか、ナットレイ、エースバーンで倒すか考えながらダメージレースに勝ってください。

 

・水ウーラオスフェローチェ入り構築

連続技の誘導とナットレイ交代で相打ち出来ます。

ナットレイ以外での処理はカイリューで上を取れそうな場合出来ます。

 

・ブリザポス入り構築

基本選出で初手ブリザポス対面するとカイリューダイマックスしてもつららばり3発で死にます。

キツかったです。

エースバーンでどうにか処理しましょう。

 

ドヒドイデ入り受けループ構築

HBドヒドイデなら47%でカイリューのダイサンダーでワンパン出来ます。

確率の壁に負けた場合そのまま交代され負けることが多かったので課題でした。

そのためドヒドイデ対策枠としてベンチウォーマーのラグラージ君でどうにか頑張ってました。(詳しくは後述)

 

 

【個体紹介】

○選出率1位 カイリュー@いのちのたま

f:id:ryo_game_and:20201201095850j:image

マルチスケイル/ひかえめ

H-A↓-B-C252↑-D38-S220

166-×-115-167-125-128

ぼうふう/ふぶき/かみなり/なみのり

 

・調整意図

C:火力が欲しいため特化

S:ダイジェット1回で最速アーゴヨン抜き抜き

ダイジェット2回で最速フェローチェ抜き

D:余り 特殊と対面することが多く感じたためDに振った

 

・解説

ラブボに入った色違いくん

かわいい

 

基本脳筋ダイジェットで敵は死にます。

物理だと思ってランドロスがよく出てくるのでダイジェット→ダイストリームで起点にしましょう。

耐久に振っていなければダイジェットだけで倒せることもありました。

 

ダイストリームが打てるとダイマックスターン終わった後にぼうふうとかみなりが必中です。打てる時は積極的に打ちましょう。

 

途中までふぶきの枠はりゅうせいぐんでしたが、サンダーが重かったため入れ替えました。

ダイアイスはあられが後続のミミッキュやエースバーンを苦しめるのでよく考えて打ちましょう。

主にサンダー、ドラゴン対面で打ちましょう。

 

○選出率同率2位 ミミッキュ@イバンのみ

f:id:ryo_game_and:20201201095833j:image

ばけのかわ/ようき

H4-A252-B-C↓-D-S252↑

131-142-100-×-125-162

ゴーストダイブ/かげうち/のろい/こらえる

 

・調整意図

ようきのASぶっぱのテンプレ

 

・解説

このパーティ唯一の通常色

古びたミミッキュより、新品の方が好き

 

基本の使い方は

のろい→こらえる→(イバン発動)ゴーストダイブ→こらえる→かげうちです。

 

イバン発動時に相手に先制技を打たれると倒されます。

ですが、相手の先制技を打たれるのがわかっている場合、イバンかげうちだと上が取れることを覚えておきましょう。

また、イバン食べ終わった後にこらえるを使う機会がある場合、ふいうち持ちは大体ふいうちを打つのでその後かげうちではなくのろいを打ちましょう。

慣れてくると臨機応変に使えます。

 

○選出率同率2位エースバーン@きあいのタスキ

f:id:ryo_game_and:20201201100757j:image

リベロ/ようき

H-A252-B-C↓-D4-S252↑

155-168-95-×-96-188

カウンター/かえんボール/ダストシュート/ふいうち

 

・調整意図

ようきASぶっぱ、余りはダウンロード調整のD

 

・解説

色違い欲しくて粘ってたらまさかの菱形♀の色違いが出た(自慢)

誰にもあげない

パッと見て改造だと思われそうで怖いです。

 

ポリゴンが重くてとびひざげりが欲しい機会がめちゃくちゃありましたが、それ以上にダストシュートが使いやすかったです。

騙されたと思って使ってみると良さが分かります。

上位勢と当たる程カウンターを読まれたので大変でした。

ブリザポスはエースバーンでしか倒せないので頑張ってください。

豆知識として、ランドロスのいわとじめん技は、エースバーンのタスキが天候ダメやステロで潰されていたとしても、ふいうちで悪タイプになっていれば耐えることもあるのでカウンターで倒せます。

 

 

○選出率4位ナットレイ@ゴツゴツメット

f:id:ryo_game_and:20201201101406j:image

てつのトゲ/のんき

H252-A4-B252↑-C-D-S↓(個体値0)

181-115-201-×-136-36

やどりぎのたね/ジャイロボール/まもる/どくどく

 

・調整意図

HBぶっぱ余りA

 

・解説

物理クッション

色違いレイドで配布してたS0ナットレイ

 

水ウーラオスフェローチェが重かったため採用。

てつのトゲとゴツメで3発の連続技と格闘技で相打ち出来ます。

ナットレイはまもるとどくどくを上手く使えると強いです。

相手の交代読みどくどく出来ると強いです。

 

○選出率5位ポリゴン2@しんかのきせき

f:id:ryo_game_and:20201201102221j:image

トレース/ひかえめ

H244-A↓-B-C114↑-D116-S36

191-×-110-152-130-85

れいとうビーム/ほうでん/みがわり/じこさいせい

 

・調整意図

H:奇数値最大

D:相手のポリゴン2のトライアタックがみがわり確定耐え

S:S4振りテッカグヤ抜き抜き抜き

S4振りポリゴン2抜き抜き抜き抜き

C:余り

 

・解説

マスターボールに入ったかっこいい子

マスボのエフェクトとポリゴンの色が好き

 

特殊受け兼特殊アタッカー

環境的にダウンロードは対策されており、トレースで強い特性を奪って相手の動きを制限できる。

火力もそれなりにあるため、特殊相手にめっぽう強い。

アタッカー寄りの特殊受けならこの努力値が最適だと思います。

他が強すぎて選出する機会は少なかったが刺さる相手はこの子で詰みます。

みがわりが優秀でした。

 

○ベンチウォーマーラグラージ@こうかくレンズ

f:id:ryo_game_and:20201201104038j:image

しめりけ/いじっぱり

H-A252↑-B-C↓-D252-S(個体値0)

175-178-110-94-142-65

すなじごく/あくび/じしん/ねむる

 

・調整意図

ADぶっぱ余り振り忘れ

S0はステロあくびクイックターン型の名残り

(本来はV推奨)

 

・解説

サファリボールに入った水辺のヌシ

一番意味わかんないと思うので長めに解説します。

 

元々ステロあくびクイックターンまもるで使ってましたが、起点にされ負けてしまうことが多かったです。

ですが、相手の初手ラグラージ読みの選出が多かったためそれを利用した初手ダイマックスが通りやすく選出誘導力が優秀でした。

 

そのためラグラージを使うコツとして、初手に出さない方が強い型を使うことだと思います。

 

他のポケモンとの兼ね合いを考えた場合、受けループ、特にドヒドイデが異常に重かったため、ドヒドイデ処理枠としての採用となりました。

 

初めはたべのこしみがわりビルドアップで使っていましたが黒い霧を持っているドヒドイデが多かったため、

すなじごく→あくび→じしん連打で倒すという運用にしました。

 

他のポケモンドヒドイデを上手く処理出来るようになればラグラージは違う型で使った方が強いと思います。

 

 

 

【あとがき】

気がつけば準伝説無しのパーティになっていました。

基本選出が強すぎたため体感7割その選出をしていました。

マルチスケイル+ばけのかわ+こらえるイバン+きあいのタスキの行動保証が対面強すぎました。

シーズン終了1時間前に15位の方にこの構築で勝てたのが嬉しかったです。

自分は選出と読み合いが苦手なので、より強い方が使えば最終2桁は夢じゃないと思いました。

 

来シーズンは2桁を目指したかったところですが、卒業研究で忙しいため記録として残し、意志を継いでくれる方が居ればいいなという気持ちでこの記事を書きました。

 

現状のレンタルパーティは載せておき、のんびりとやって行こうと思います。

レンタルパーティでこの部分の技やポケモンを変えて借りてみたい、使い方を教えて欲しい等ありましたら、Twitter(@Ryo_game_and_)に気軽に連絡ください!

フォローして下さると喜びます!嬉しそうにフォローバックします!

 

もしよかったらカイリューミミバーン軸で来シーズン上位もぎ取ってください!

 

それでは!

f:id:ryo_game_and:20201201130544j:image